【ワキガクリームの安全性】海外産ではなく国産が安心

【ワキガクリームの安全性】3つのポイント

▼肌に優しいワキガクリームはコチラ▼
【クリアネオ(CLEANEO)】 

ワキガクリームは医薬部外品を選ぶ

ワキガ対策をワキガクリームを選ぶ際、化粧品ではなく医薬部外品を選ぶことをおすすめします。

「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」にはどんな違いがあるの?

一般的なスキンケア用品は「薬事法」により、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」のどれかに分類され、効果・効能の範囲が明確に分かれています。

「医薬品」とは、病気の「治療」を目的とした薬のことで、厚生労働省より配合されている有効成分の効果が認められたものです。

医師が処方するものもあれば、ドラックストアなどで購入することもできる大衆薬(OTC)もあります。ワセリンや保湿外用剤などがスキンケアに用いられる医薬品です。

「医薬部外品」とは、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されています。[治療]というよりは[防止・衛生]を目的に作られています。

「肌荒れ・荒れ性」「にきびを防ぐ」「日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ」「皮膚の殺菌」など、効果のある有効成分が配合されているのでその効果を訴求できます。また「薬用」とは「医薬部外品」で認められている表示ですので「薬用=医薬部外品」となります。

「化粧品」とは、医薬部外品と比較してもさらに効能・効果が緩和で、清潔にする、美化する、魅力を増す、健やかに保つなどの目的で使用される製品です。

医薬部外品に認められている「肌荒れ・荒れ性」「にきびを防ぐ」「皮膚の殺菌」などの効能・効果は認可されていないので、パッケージなどで表現することはできません。

引用:花王

ここで重要なのは、医薬部外品は有効成分の使用上限が定められているという事です。

例えば殺菌力が強い有効成分があったとして、多く配合すればするほど殺菌力は高くなりますよね?

ですが、その分肌への負担が大きくなってしまい、とても使用するには危険な代物となるわけです。

そんな事態を防ぐために、薬事法で効果が強力な有効成分の使用上限量を定め、安全に配慮したものが医薬部外品なのです。

また医薬部外品は、医薬品と違い医師の判断が無くても、Amazonやドラッグストアで購入できるのもいいですね。

当サイトがおすすめする医薬部外品ワキガクリーム「クリアネオ」はこちら

ワキガ対策クリームならクリアネオ 

参考:ワキガクリームランキング

ワキガクリームは質のいい無添加を選ぶ

無添加って聞くと、なんだか体に良さそうですよね。

ですが、化粧品や医薬部外品の無添加って意外とアバウトだって知ってました?

例えば「着色料・無添加!」といわれれば、着色料の他にも害のありそうな成分が入ってないんだろうなと、思いがちです。

しかし、この場合「着色料だけ」使ってませんという意味なんです。

つまり、そのほかの香料やなどが入っていても、文字だけ無添加と言えてしまうんですね。

だから、安全なワキガクリームを選ぶ際には、出来るだけ多くの不安な成分が入っていない商品を選ばないといけません。

その不安な材料というのは、香料・着色料・鉱物油・石油系活性剤・パラペン・オイル・紫外線吸収剤などですね。

市販の制汗剤やわきがクリームには、こういった化学成分が多く含まれています

わきがクリームは、肌につけるデオドラント材ですので、より化学成分が入っていない無添加にこだわるべきです。

ワキガクリームは国産を選ぶ

わきがクリームを購入するときは、国内生産のものが安心です。

もちろん海外の製品でも安全はありますよ?

しかし、生産地が中国や発展途上のアジア圏の国で作られているものと、衛生管理が徹底された日本の工場のどっちが安心できる品質だと思いますか?

私は圧倒的に後者だと思いますね。

それが例え原料の原産地が安心できるアメリカや欧州でもです。

事実、東京健康センターでは海外から化粧品を購入するときの注意喚起がされています。

化粧品を海外から購入するときの注意点

 海外からインターネット等で化粧品を購入したり、旅行先で化粧品を購入した経験はありませんか?こうした化粧品は、日本国内で製造販売されている化粧品よりも注意が必要です。

 日本で製造販売されている化粧品は輸入品、国産品を問わず日本で定めた「化粧品基準」に基づき管理されているため、品質や安全性などが確認されています。しかし、国によっては品質や安全性などの確認が日本と同じレベルで行われていない場合もあり、実際にこうした化粧品を使用して皮膚がかぶれたなどという相談が寄せられています。

 化粧品を海外で直接購入したり個人輸入することは、違法ではありません。しかし、こうした化粧品を使用して健康被害などが起きても、責任は使用した本人にあることをよく理解した上で購入してください。

引用:東京都健康安全センター

▼肌に優しいワキガクリームはコチラ▼
【クリアネオ(CLEANEO)】 

GMP認定されていると安心

GMP認定企業の工場で作られる化粧品、医薬部外品は一定の品質が保たれ、製造ミスによる被害を最小限に抑えることが出来ます。

GMPとは、原料が工場に仕入れられ、製造・出荷というお客様に渡独までの全ての工程で、製品が安全に作られて、一定の品質を保つように定められたシステムのことです。

そんなGMPを成立させる三原則があります。

・人為的な誤りを最小限にする(間違い防止)
・医薬品の汚染、および品質低下を防止する(汚染防止)
・より高度な品質を保証するシステムを設計する(品質保証システム)

もともとは医薬品を作る製薬メーカーに安全性を義務付けるためのものでしたが、現在では化粧品や医薬部外品、サプリメント業界の自主的な取り組みで進めてられています。

つまり医薬部外品や化粧品を作っているメーカーなのに、GMP認定マークを受けている企業は品質管理の意識が高い企業ということです。

ちなみにアメリカでは、健康食品を販売する場合このGMPを満たしていないと販売できないという決まりもあります。(つまりそれだけ品質が重要視されているということです)

だからこのGMP認定企業によって製造されていることを基準にワキガクリームを選ぶことで、より安心して使えるという訳ですね。

放射能検査実施済みなど各種テスト済みが安心

放射能検査済みがもしもの時を想定すると安全です。

福島の3.11以降、放射能物質を気にされる方が多くなりました。

放射能であるセシウムやヨウ素などは、環境のみならず人体に大きな影響を与えるからです。

さらに、農場から育てている作物へ移ったり、食物連鎖による放射能が濃縮されたりと、放射性物質濃度は拡散地域からの距離等で一概に推定できません。

そのため、長い年月放射能はチェックしていく必要があります。

24時間閉塞パッチテスト

肌に接触する可能性がある商品すべての、刺激性の有無を判定します。

化粧品、繊維製品、ゴム素材などのヒト安全性試験として、24・48時間単回皮膚接触による皮膚反応を判定する試験です。

被験者 被験者基準を満たす日本人男女
被験者数 20名
試験期間 3日間
観察時期 24・48時間閉塞パッチ後、剥離60分後、剥離24時間後
表示可能項目 パッチテスト済み

引用:http://www.shokukanken.com/kensa/52

24時間閉塞パッチテストをクリアすることで、より肌に刺激が少ないことを確認できますね。

特に敏感肌の方や、皮膚が弱いお子さんなどに使用する場合はとてもいい安全性だと思います。

低スティンギングテスト済み

スティンギングとは「ぴりぴり感」を意味し、他にヒリヒリ、ツッパリ感、かゆみなど通常紅斑や浮腫のような炎症性症状は伴わず、一過性に消失する反応を見るテストです。

被験者 被験者基準を満たす日本人女性10名
スクリーニング ネガコンを用いて皮膚刺激を感じやすいスティンガーを選抜
試験デザイン 自己申告による感覚刺激評価(単回)
判定基準 4段階の評価基準にもとづき、パネラー自身が評価
貼付場所・貼付期間 頬部に被験品を塗布し、塗布後の刺激感をパネラー自身に評価させる
評価方法 4段階の評価基準   ※感覚刺激の自己診断をスコア判定
表示可能項目 スティンギングテスト済・低刺激

 

低スティンギングテストとはをクリアすることで、より肌に安全な商品であることが分かります。

肌がヒリヒリする原因

肌がヒリヒリする原因は、化粧品や医薬部外品などによって肌のバリア機能が弱ってしまったからです。

ヒリヒリのメカニズムは、

1.化粧品に含まれる界面活性剤や香料などが、肌を乾燥させてバリア機能を弱める

2.外からの刺激が皮膚の内側に入り込みやすくなる

3.皮膚は自分を守ろうとして、炎症を起こす。⇒ヒリヒリする

特に敏感肌の方はこのバリア機能が弱いため、低刺激タイプのワキガクリームを使わないとすぐにヒリヒリしてしまいます。

アレルギーテスト(RIPT)

アレルギーテストをクリアすることで、より肌に安全な商品であることが確認されてます

RIPTとは、簡単に言えばアレルギーテストのことです。

累積刺激及び感作試験という言い方もされ、肌に接触する製品を長い時間使用した際のアレルギー反応を確認します。

RIPTは、化粧品や赤ちゃん用品などでも実施されています。

肌に接触する可能性がある商品すべての、刺激性の有無を判定します。

24時間閉塞パッチの連続刺激を6週間にわたり観察し皮膚反応を皮膚科医師による総合評価によって判定する試験です。

被験者 被験者基準を満たす日本人男女
被験者数 50名
試験期間 6週間
第1観察期 3週間(計9回24時間閉塞パッチ)
休息期 2週間
第2観察期 24時間閉塞パッチ+剥離60分後観察、剥離後24時間後観察
表示可能項目 累積刺激性テスト済み・アレルギーテスト済み
補足 皮膚科医師による総合評価によって判断

引用:http://www.souken-lab.co.jp/safety/ript.php

▼GMP認定、各種検査済みのワキガクリームはコチラ▼
【クリアネオ(CLEANEO)】 

【オーガニックの安全性】オーガニックだけでは意味ない?

よく自然派商品ですとか、オーガニック成分配合!とかって目にしますよね。

でもそれ、本当は鵜呑みにすると危険だと知ってました?

もちろんオーガニック成分が体に悪いという訳ではありません。

むしろ低刺激だし、余計なものがはいってないので体にいい物です。

ただ「オーガニック配合デオドラントだから」という理由だけで、選んでしまうとデメリットがあるんですよ。

だからオーガニックについて少し知っておいて欲しいんです。

オーガニックって何?

有機栽培で作られた農産物や加工方法のことです。

有機栽培とは、農薬や化学肥料を一切使わず、自然だけの力で育てる農法のことです。

また有機JAS制度で規定されているオーガニックの条件を簡単に説明すると

・科学的に合成された肥料および農薬を使用していない(無農薬)
・種まきや苗を土に植え付ける前に2年以上、土づくりをした田んぼや畑で栽培されていること

野菜だけではなく、上記の条件を見たしているものすべてがオーガニックと言えます。

そんなオーガニック商品のメリットは、やはり安全です。

その意味は、通常市販のショップで売られているワキガクリームより安全であるということです。

もちろんオーガニックだから、リスクは無いと言い切れませんが、それでも化学成分たっぷりな商品よりも安全と言えるでしょう。

敏感肌のわきがにはオーガニックと無添加、パッチテスト、日本製をクリアしていると安心

オーガニックだけでも十分に敏感肌に優しいものに近づきますが、無添加やパッチテスト、さらに国産であればその安全性はぐっと高まります。

スキンケアが気になる40代くらいの情勢たちは、特にしっかりと荒れる心配が少ないものを選びたいですね。(荒れたら戻りにくいからね!)

オーガニックコスメでオールインワン化粧水やわきがクリームを購入するのもいいですが、無添加テスト済み、国産を満たしているものを選びましょ!

▼質のいい無添加・オーガニックワキガクリームはコチラ▼
【クリアネオ(CLEANEO)】 

わきがクリームの成分の安全性

わきがクリームには様々な成分が含まれていますが、きちんと知っておかないと安全なのか危険なのか判断できません。

皮膚が丈夫な人なら大丈夫な制汗剤やデオドラントでも、皮膚が薄い人は体への害や影響を考えて使わない方がいい成分も多いからです。

代表的なものでいえば、塩化アルミニウムなどですね。この場合アルミニウムフリーのものを選ぶのが無難でしょう。

とはいえ、何が危険で、何が安全なのか分からないと思いますので、ワキガクリームに含まれる成分の安全性をを説明していきますね。

そうすれば、効果の高いと口コミで評判なクリアネオにの成分である、イソプロメチルフェノールやパラフェノールスルホン酸亜鉛がおすすめな理由も分かると思います。

イソプロメチルフェノールの安全性(アレルギー性)

イソプロメチルフェノールは、真菌やワキガ菌、カビに対して強い殺菌力を発揮する医薬部外品指定の有効成分です。

刺激も少なく、副作用もほぼありません。

イソプロメチルフェノールはです。

そのため用法用量が指定されているため、その指示に従っている限り高い安全性が厚生労働省が認めています。

  • 各種クリームなど0.1%以下
  • 細菌性・真菌用品など3%以下
  • 手洗い洗剤・歯みがき等:0.05%~0.5%

逆に言えば、この配合量を守ることでイソプロメチルフェノールは皮膚アレルギーにも優しい安全性の高い成分として使用することが出来ます。

・原液または濃厚液が皮膚に付着した場合には腐蝕及び吸収され、中毒症状を起こすことがある
・眼に入らないように注意すること。
・本剤は必ず希釈し、濃度に注意して使用すること。
・炎症または易刺激性の部位に使用する場合には、濃度に注意して正常の部位に使用するよりも低濃度とすることが望ましい。
・外用にのみ使用すること。
・密封包帯、ギプス包帯、パックに使用すると刺激症状及び吸収され、中毒症状があらわれるおそれがあるので、使用しないこと。
・長期間または広範囲に使用しないこと。[吸収され、中毒症状を起こすおそれがある。]
・誤飲を避けるため、保管及び取扱いには十分注意すること。

引用:https://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/01/s0117-9d35.html

このイソプロメチルフェノールは、抗菌スペクトルが広く(様々な菌に対する抗菌効果ということ)で知られています。

かつて抗菌石鹸などで多く使用されたトリクロサンがアメリカで購入・販売禁止になった問題を受けて、代替成分として使用されるようになった経緯があります。

パラフェノールスルホン酸亜鉛の安全性(毒性)

パラフェノールスルホン酸亜鉛とは、主に収れん効果を期待して配合される医薬部外品有効成分の金属塩です。

止血剤や鎮痛剤に入っていたりしますが、一般の我々が目にするときは、制汗剤デオドラントに多く使用され、顔用クリームにも使用されることがあります。

さらに薬事法によってその使用量は定められていますし、強いアレルギー反応があったという報告も今のところありません。

そのため、安全性の高い成分と言えるでしょう。

パラフェノールスルホン酸亜鉛より危険な制汗剤成分:塩化アルミニウムの安全性

塩化アルミニウムとは、水に溶けやすい金属塩の一種です。

収れん作用があるため、よく制汗剤に使用されたりします。

しかし、この塩化アルミニウムは、2015年に改訂された「原発性局所多汗症診療ガイドライン」に副作用として、皮膚刺激性が最も多いと報告されています。

そのほか腐食性も明らかになり、現在安全な成分とは言えません。

そのためわきが対策の化粧品関連でも使用されにくい成分ではありますが、一部化粧品ではまだ使われているので注意が必要です。

そういった事情もありアルミニウムフリーという言葉が生まれたり、代替成分として安全性の高いパラフェノールスルホン酸亜鉛を使用したりするわけですね。

また目に入った際の人体への影響は明確には報告されていませんが、通常の皮膚よりも弱い目の粘膜に触れると何らかの良くない反応が想定されます。

塩化アルミニウムのリスク1:乳がんの可能性

制汗作用があるとして使われていた塩化アルミニウムですが、実は女性の乳がんのリスクを高めるという報告があがっているんです。

乳がんは女性ホルモンのエストロゲンが過剰に分泌されることによって、発症する病気です。

そしてスイスの研究機関によると、塩化アルミニウムが、乳がんリスクとなるエストロゲンと似た働きがすることが分かり、乳がん細胞を増殖させてしまうと発表されたのです。

塩化アルミニウムのリスク2:アルツハイマー病の可能性

リスクは乳がんだけではありません。

アルミニウムは、日常的に皮膚に塗ることでアルツハイマー病になるリスクが高まるかもしれないんです。

ある学説ではアルミニウムは、皮膚から体内に吸収され、血液の流れに乗って脳にいき溜め込むことで、アルツハイマー病を発症する危険性が60%高まると言っています。

しかし、ことアルミニウムとアルツハイマー病の関係は肯定や否定といったいくつもの学説があり、正しいことはあまり分かっていない状態です。

ですが、そんな中で日本の国立健康・栄養研究所では以下のように結論を出しています。

アルツハイマー病の発症とアルミニウムには、何らかの関係がある可能性は否定できませんが、今のところ、アルミニウムの摂取が原因でアルツハイマー病が発症するとは言えません。

引用:https://hfnet.nibiohn.go.jp/contents/detail970.htmls

塩化ベンザルコニウムの肌への安全性

カビやワキガ菌に殺菌効果がある塩化ベンザルコニウムですが、肌にとって安全な成分とは言えません

なぜなら塩化ベンザルコニウムは、海外の皮膚感作物質リストに載っていて、アレルギー性皮膚炎の原因物質となることが分かっています。

配合規制の範囲内であれば、健康的な人の肌では大丈夫との判断もありますが、敏感肌やアレルギーを持った方、肌の過敏な赤ちゃんなどは危険です。

特に誤った使い方をしていなくとも、殺菌・消毒の副作用として皮膚を刺激するので使用は止めた方がいいでしょう。

8名の皮膚科医が、1990年5月から1991年12月の間に2146名の患者に塩化ベンザルコニウムがアレルギー性接触性皮膚炎を引き起こすかを調査し、パッチテストの必要性について評価した。225例にアレルギー反応がみられ、更に258例に過敏反応がみられた。12例のみが臨床的関連性がみられた。塩化ベンザルコニウムは、抗原性は弱いと考えられる。疑わしい症例(紅斑)と陽性初期症状(紫斑)はおそらく、過敏反応と考えられる。特別な例に対しては、0.1%塩化ベンザルコニウムワセリン又は水溶液によるパッチテストを推奨する。

引用:日本医薬品添加剤協会

シリコンの肌への安全性

正式名称はシリコーンと言われる、通称シリコン。

成分名称はジメチコン、アモジジメチコン、シクロぺンタシロキサンジメチコンなどと記載されています。

さて、シリコンと言えば「なんか肌によくなさそう」という印象を受ける方が多いと思います。

実際にシャンプーや基礎化粧品などでノンシリコンをアピールしている商品も多いですからね。

ですが、意外なことにこのシリコン、かなり安全性の高い成分です。

シリコン(ジメチコン)の安全性について

ジメチコンの現時点での安全性は、皮膚刺激性や毒性はほとんどなく、軽度~中程度の眼刺激性が起こる可能性はあるものの、重大なアレルギー(皮膚感作)の報告もないため、安全性の高い成分であると考えられます。

引用:ジメチコンの安全性

シリコンは、古くから非常に多くの製品に使用されておりますが、重大な皮膚アレルギーの報告というのは上がってきていません。

まあそうですよね。

シリコンは化粧品関係ではとやかく言われますが、コンタクトレンズなどの医療用品、ティッシュペーパーなどの日用品など多くの商品に使われています。

コンタクトレンズが合わないという方は、シリコンに注意をした方がいいかもしれませんが、そうでない方は毒性など心配する必要はありません。

ただし、軽い肌荒れへの影響報告はまれにありますので、敏感肌や皮膚炎、けがをして皮膚バリア機能の低下している部部に対しては注意をした方がいいかもしれません。

セージエキスの安全性

安全性については、現状ほとんどないと考えられてるので、安全性の高い成分と言えるでしょう。

抗炎症作用に関しては、前提知識としてアトピー性皮膚炎、乾燥肌、敏感肌といった皮膚状態では共通して表皮内にまで多くの知覚神経線維が伸長しており、皮膚の知覚神経伸長には表皮細胞が産生するNGF(神経成長因子)が関与していますが、セージ葉エキスはNGF誘発神経細胞突起の伸長を強力に阻害する作用による皮膚炎抑制作用が明らかになっています。
~中略~
セージ葉エキスの現時点での安全性は、外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載されており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

引用:セージ葉エキスとは

茶エキスの安全性

チャ葉エキスの現時点での安全性は、外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載されており、皮膚刺激性はほとんどなく、眼刺激性はデータ不足のため詳細不明ですが、皮膚感作性(アレルギー性)および光感作性の報告もないため、安全性に問題のない成分であると考えられます。

引用:化粧品成分オンライン

クララエキスの安全性

クララエキスの安全性は、外用薬では特に問題なしとのこと。

これが内服薬として配合された場合には、めまいなどの症状があるようですが、わきがクリームでは心配いりません。

含まれる成分は、フラボノイド類やアルカロイド類です。

クエン酸ナトリウムの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

クエン酸Naの現時点での安全性は、長い使用実績があり、また非常に幅広い化粧品に配合されており、皮膚刺激性はほとんどなく、眼刺激性はデータ不足により詳細不明ですが、皮膚感作(アレルギー)の報告もないため、安全性の高い成分であると考えられます。

引用:化粧品成分オンライン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です