【ワキガクリームの効果】市販より強力な消臭ワキガクリーム

ワキガクリームの効果が強力な3つ理由

▼殺菌・制汗効果の高いワキガクリームはコチラ▼
【クリアネオ(CLEANEO)】 

ワキガクリームの殺菌力は、ワキガ対策商品の中でも特に高い

わきがの原因は汗と皮脂によって、わきが菌が増殖することです。

効果の高い本格的なわきがクリームは、市販の制汗剤にはないわきが菌に強い殺菌成分イソプロメチルフェノールが入っています。

多くの方は汗をかいたら、「ああ、今わたしワキガの臭いしてるかも・・・」と悩んじゃいますよね。

でも汗を止めようと、殺菌成分が入っていない制汗剤(特に海外製)を使いすぎるのは逆効果です。

使いすぎによっては、皮膚を乾燥させてワキガを悪化させてしまう恐れもあります。

そうならないために、効率的なワキガ対策をするなら、まずはワキガ菌に対する高い殺菌力が大切です。

ワキガの原因菌 コリネバクテリウムが臭いを生み出す

先程わきが菌が繁殖する事でワキガ臭がするといいました。

そのわきが菌がコリネバクテリウムです。

でも多くの方は「ワキガ菌コリネバクテリウムって何?普通の常在菌と何が違うの?」と思われるでしょう。

ですので、わきがの原因を知っておくためにも、少しコリネバクテリウムについても説明しますね。

コリネバクテリウムとは

コリネバクテリウムとは、皮膚上に存在する常在菌の一種です。

コリネバクテリウムの他にも常在菌には、表皮ブドウ球菌、ジフテロイド菌、ブレビバクテリウム菌などがあります。

しかしその中でもコリネバクテリウムは、アポクリン腺から出る汗はタンパク質、糖質、アンモニアなどを分解・変質させる作用が強いと言われています。

そして分解されて生まれた低級脂肪酸がワキガ臭として臭うようになります。

ワキガ菌コリネバクテリウムに対するイソプロメチルフェノールの効果

イソプロメチルフェノールはわきが菌に対して高い殺菌力を発揮し、その効果は厚生労働省が認めた有効成分です。

その実力は、水虫の元になるしつこく強力な真菌は殺菌するのにも使われるほどです。

だから、このイソプロメチルフェノールが配合されたワキガクリームの殺菌率は、99.9%以上であるものも多いですね。

他にも黄色ブドウ球菌などにも効果的で、わきが以外の体臭にも効果的です。

結論:ワキガクリームの消臭力=コリネバクテリウムを殺菌すること

ワキガの原因は、コリネバクテリウムが繁殖すること。

ワキガクリームが消臭力を発揮するためには、このコリネバクテリウムをいかにして殺菌するかが重要なんですね。

そして今現在でこのコリネバクテリウムに対して、特に高い殺菌力を発揮するのがイソプロメチルフェノールなんです。

だから今すぐに「ワキガの臭いを何とかしたい!」という方は、イソプロメチルフェノール配合のクリアネオがおすすめです!

 

▼殺菌力の高いワキガクリームはコチラ▼
【クリアネオ(CLEANEO)】

ワキガクリームの制汗効果で、制汗剤いらずで汗染み予防ができる

わきが菌コリネバクテリウムを育てる一つの理由となるのは脇汗です。

特に男性は女性よりも汗をかきやすいので、わきがを抑えるには脇汗をブロックすることが大切です。

そのため良いわきがクリームには、制汗効果の高いパラフェノールスルホン酸亜鉛が配合されています。

その制汗効果のおかげで汗染みを予防できるんですね。

汗染み予防が期待できるから、市販の安い制汗剤を併用する必要はありません。

パラフェノールスルホン酸亜鉛は汗の出口にふたをして制汗する

パラフェノールスルホン酸亜鉛には、収れん作用と呼ばれる効果があります。

この収れん作用とは汗の中のタンパク質を変形させることで、身体の組織や血管を縮める作用のことを言います。

パラフェノールスルホン酸亜鉛はこの収れん作用により、皮膚の表面に凝固物をつくって汗腺の出口を塞いでくれ大量の汗を防いでくれるというわけです。

さらにパラフェノールスルホン酸亜鉛の良いところは、刺激が弱く肌が弱い人でも使用できる成分です。

もしこれが肌に悪い塩化アルミニウムなどであれば、肌がボロボロになり、ひどいかゆみを感じる方が出てきます。

しかしパラフェノールスルホン酸亜鉛は、厚生労働省がその用法用量を適切に管理しています。

そのため、肌への刺激が少なく、かつ効果の高い有効成分として使用できるんですね。

パラフェノールスルホン酸亜鉛の注意点

収れん作用のあるパラフェノールスルホン酸亜鉛ですが、「付けた瞬間に身体が引き締まって汗が出なくなる」と勘違いされる方がいますが、それは少し間違っています。

パラフェノールスルホン酸亜鉛を含むわきがクリームは、肌への安全性の保つため厚生労働省が定めた容量を守っているので、「長く使っていき、肌になじんでいく」ことで少しずつ汗の量を減らしていくことが出来ます。

もっと言えば、汗は人体にとっても必要な機能ですので、余分な汗だけ減らすために使うのがベストですね。

だから良いわきがクリームは、天然の保湿成分を配合して、肌の水分量を適切に保ち、乾燥を防ぐといったことをしていますね。

▼制汗効果の高いワキガクリームはコチラ▼
【クリアネオ(CLEANEO)】

制汗作用のある天然成分

パラフェノールスルホン酸亜鉛以外にも、肌に優しく収れん効果が期待できる成分がいくつかあります。

制汗作用のある天然成分1:セージエキス

セージエキスとは、シソ科植物のセージの葉から抽出できる成分です。

このセージにはカテキン型の縮合タンニンであるサルビアタンニンが含まれ、収れん作用が期待出来ます。

その他の効果として、イソ吉草酸アルデヒドの発生を抑制する作用が認められています。

そのため、足の臭いの消臭効果があると認められています。

制汗作用のある天然成分2:シャクヤクエキス

ボタン科植物シャクヤクの根から抽出して得られる植物エキスです。

シャクヤクエキスにも収れん作用があり、肌を引きしめることでの制汗効果が期待できます。

さらに、保湿の役割も担っているので、乾燥を防ぐことが出来無駄な皮脂・汗を減らすことが期待できます。

その他にも抗炎症作用や抗シワ作用など様々な効果があるため、古くから漢方の材料として使用されているので、肌が弱い子供や、美容が気にな女性でも安心して使えますね。

そのシャクヤクエキスは、ペオニフロリンやタンニンと呼ばれるモノテルペン配糖体が主な成分になります。

モノテルペン配糖体とは

モノテルペンはイソプレン単位2個からなるC10化合物である。一般的に揮発性で芳香性があり植物精油の構成成分である。その生合成はジメチルアリル二リン酸(DMAP)とイソペンテニル二リン酸(IPP)の結合によって生成したゲラニル二リン酸(GPP)を生合成前駆体としていくつかの鎖状のモノテルペンが生成するが、代表的なものにバラの香りを持つゲラニオールやネロールなどがある。

制汗作用のある天然成分3:オウバクエキス

オウバクエキスは、オウバク(黄柏)という木の内皮を乾燥させて抽出できるエキスです。

その効果は、消炎作用、収れん作用、抗菌作用、紫外線防止作用などがあり、化粧品や医薬部外品などに広く使用されています。

こちらもシャクヤクエキスと同様に古くから漢方の材料として使われてきた歴史があり、その安全性も問題ありません。

ベルベリンといったアルカロイド類やフラボノイド類が含まれています。

ベルベリンを含むアルカロイド類とは

「アミノ酸や核酸など別のカテゴリーに入る生体分子を除いて、広く含窒素有機化合物」をアルカロイドと定義づけしている。微量で多彩な生物活性を示すことから医薬品として用いられているものも多く、また新たな医薬品開発のためのリード化合物としても重要である。

フラボノイド類とは

植物界に広く存在する天然色素化合物の一種で、芳香族化合物である。フラボノイドは、様々な生物活性を示すことが知られているが、特に抗酸化活性をもつものが多く、生活習慣病の予防物質として注目されている。一方で、植物自身に対しては、花の色素成分(アントシアニン)として花粉の運搬に関与する昆虫を引き寄せたり、ファイトアレキシンなどの生体防御物質としての働きを有する。

制汗作用のある天然成分4:茶エキス

茶エキスは、ツバキ科植物チャノキの葉を抽出して得られる植物エキスです。

その効果は制汗が期待できる収れん作用、さらに抗菌や消炎、抗酸化など肌の衛生面を保つために効果的な作用があります。

また消臭作用があることも有名で、茶エキスによって得られるメリットは、わきがで悩む人にとって非常に効果的な天然成分といえるでしょう。

茶エキスに含まれる成分は、フラボノイド類のエピガロカテキンガレートやアルカロイド類のカフェイン、テオフィリン、キサンチンなど。

さらには、体内に取り込めばリラックス効果のあるアミノ酸のテアニンや、強い抗酸化作用でシミ・そばかすを防止する美白効果のあるビタミンCなどが含まれています。

茶エキスは、その効果の多さや使い勝手から、多くの化粧品や医薬部外品に使用されており、安全性の高い成分です。

制汗作用のある成分:エタノール

エタノールとは簡単に言えば、アルコールのことです。

アルコールにはパラフェノールスルホン酸亜鉛と同様に収れん作用があり、制汗効果が期待できます。

またアルコールと言えば、消毒効果も有名ですよね。

その消毒効果がわきがにとって、効果的であるという医師もいらっしゃいます。

アルコール消毒がわきが対策に有効なのは、臭いの元となる雑菌を取り除くことができるからです。わきがの臭いは、わきに集中する「アポクリン汗腺」という器官から分泌される汗の成分と、皮膚に存在する雑菌が結び付くことで発生します。汗そのものに臭いはありません。雑菌が汗の成分をエサとして増殖することで、あのわきが独特の臭いが起こります。つまり雑菌を減らせば、臭いはやわらぐはずなのです。

そこで有効な方法がアルコールによる消毒です。アルコールの殺菌力はとても強く、90%程度の雑菌を消滅できると言われています。しかも塗布してから数10秒で効果が現れるため、即効性は高いと考えられます。外出先で臭いが気になったときや、これから人と会う予定があるときの応急処置には最適でしょう。

引用:川崎中央クリニック

ただし、わきがに効果的なクリアネオのようなわきがクリームに配合される場合は、殺菌効果や制汗効果を期待して配合されているというよりかは、溶剤としての役割の方が強いかもしれません。

※溶剤とは、多くの有効成分や天然成分が均一に混じり合うようにする役目を果たすものです。

その理由はアルコールは刺激が強いため、敏感肌の方に向けた商品には配合する場合は、少量になるからですね。

▼オーガニック制汗効果の高いワキガクリームはコチラ▼
【クリアネオ(CLEANEO)】

わきがの原因①:アポクリン汗腺からの汗をワキガ菌が分解するから

汗がでる汗腺には、アポクリン汗腺とエクリン汗腺の2種類があります。

この2つの汗腺からでる汗は元々、無臭です。

ですがアポクリン汗腺から出る汗には、タンパク質、糖質、アンモニアなどを含んでいます。

それら有機物をコリネバクテリウムなどが分解することで、独特なワキガ臭となるんですね。

アポクリン汗腺の機能

アポクリン腺から出る汗は白く濁っていて、脂質やタンパク質などニオイのもととなる成分を多く含んでいます。

そのため、脇染みなどが服についたとき黄ばみとなったりするんですね。

また、アポクリン汗腺からの汗はフェロモンの役割をしていたと言われています。

緊張したときなど精神状態によって発汗することもあります。

アポクリン汗腺は脇に多く分布する

アポクリン汗腺は全身に広く分布するわけではなく、特定の部位に多く存在します。

脇、ちくび、下腹部などに多く存在し、わきが、ちちが、すそわきがと呼ばれるものにはアポクリン汗腺が関わっています。

ワキガの原因、アポクリン汗腺の多さは遺伝する

両親がわきがの場合、子供もわきがになると言われています。

その理由はアポクリン汗腺の数や大きさが遺伝するためであり、両親共にワキガ体質の場合は約80%、片親だけがワキガ体質の場合は約50%の確立といわれています。

ワキガの原因②:エクリン汗腺からの汗が臭いを拡散する

エクリン汗腺はアポクリン汗腺と違い、ニオイの原因となる物質はほとんど含まれていません。

しかしエクリン汗腺からの汗が皮脂やアカなどと混じり合ってしまうと、それをワキガ菌コリネバクテリウムが分解しワキガ臭となります。

わきが特有のすっぱいニオイや、ぞうきんのようなニオイは、エクリン腺から出る汗と皮脂が混じり合ったことがもととなっています。

そしてエクリン汗腺は体全体に存在するため、エクリン汗腺から出る汗が気化することで、わきが臭などの体臭を拡散してしまいます。

エクリン汗腺の臭い成分

エクリン汗腺は臭いの原因物質はほとんど含まれていません。

そのエクリン腺から出る汗の成分は、99%が水、残りの1%は塩分であることが分かっています。無色透明です。

エクリン汗腺は交感神経を刺激されることで汗が出る

エクリン汗腺は、発汗することで、全身の体温調節を行っています。

そのため体が暑いと感じると、自律神経の交感神経が活発化し、エクリン汗腺に体温を下げるように指示が出すんですね。

そして指示されたエクリン汗腺は、血管から血液の成分を受け取って濾過し、汗の成分だけを体外に出すことで体温をコントロールしています。。

精神性発汗

エクリン汗腺は、緊張や恐怖などの精神的ストレスによって汗を分泌することもあります。

通常エクリン汗腺からの汗は全身にじんわりと汗をかくのですが、精神背発汗では手のひらや足の裏、脇などが先に汗が出ます。

ワキガクリームは、直塗りだから男でも持続力が高い

わきが対策商品にも様々な種類がありますが、直塗りできるタイプはロールオンとクリームの2種類。

しかし、ロールオンは制汗効果しかなく、消臭力が持続するキモとなる殺菌・制汗・保湿が同時にできるのはワキガクリームしかありません。

またワキガクリームは衛生面から見てもロールオンより優れているので、子供でも使いやすいです。

市販のワキガクリームを塗っても持続しない原因は、乾燥しているから

わきがには殺菌・制汗・保湿が重要ですが、安いワキガクリームでは殺菌と制汗だけの場合がほとんどです。

保湿せずに制汗ばかりしていると、肌が乾燥してしまうので、肌を守ろうとした皮脂腺が余分に皮脂を分泌するので、余計にワキガが悪化するケースがあります。

必要以上に皮脂を出さず、乾かさないようにすることがベストです。

男性は皮脂や汗の量が多いので、市販の安いワキガクリームではなく、通販で購入できる強力で保湿効果のあるワキガクリーム使うことをおすすめします。

▼保湿効果の高いワキガクリームはコチラ▼
【クリアネオ(CLEANEO)】

保湿に効果的な天然成分1:クララエキス

クララエキスは、マメ科の多年草クララの根から抽出して得られるエキスです。

昔から解熱作用、利尿作用、温補効果が得られるとされ、漢方などでは古くから使用されている天然エキスです。

そんなクララエキスですが、わきがクリームに配合されて期待される効果は肌のかゆみを抑えうるおいを保つことです。

わきがクリームに保湿効果があると、乾燥しやすい冬の時期は特に助かりますね。

わきが対策クリームに保湿用化粧水、いろんなものを脇に併用していると臭いは悪化してしまう可能性もあれば、保湿効果もままならない、なんてこともしばしば。

だからクリアネオのようにわきがクリームに保湿成分が入っているものを選ぶべきなんです。

またクララエキスには、男性ホルモンを抑制する効果があるともいわれており、育毛剤に配合されていることもあります。

後述で記載しますが、男性ホルモンが増えるとわきがが強くなるので、男性ホルモンは抑えた方がいいです。(ここでもクララエキスが役立ちますね!)

保湿に効果的な天然成分2:オウバクエキス

オウバクエキスは制汗作用がある成分としても紹介しましたが、実は保湿成分でもあるんです。

化粧品などに配合される場合は、その保湿性を期待して、皮脂を抑えるための成分として使われることが多いですね。

保湿に効果的な成分1:ヒアルロン酸Na

ヒアルロン酸と聞けば真っ先に思い浮かぶのは保湿効果ですよね。

水を多く保持する能力がある高分子で、食品として摂取しても良し、肌に塗っても良しと、保湿力では間違いなくトップクラスです。

人間の体にも元々存在する成分なのですが、年齢を重ねるごとに減少していくことでも知られています(加齢っていやですよね~・・・)

加齢以外でも紫外線のダメージでも失われていくので、アンチエイジングをされる方はとても使っていますね。

ヒアルロン酸と肌

肌における真皮は、コラーゲンと弾力線維のエラスチンおよび保水機能を持つムコ多糖類が構成しています。ヒアルロン酸はこのムコ多糖類の一種ですが、ムコ多糖類は水分を保水する力があることで、肌のぷるぷるとした弾力性やみずみずしさを保つ働きを行います。加齢などで体のヒアルロン酸が減少し保水力が低下すると、肌のハリといった弾力性が失われ、必然的に保水量も減少しますから、肌のハリもなく衰え、シワやたるみが目立ってきます。このようにヒアルロン酸は肌にとても必要な成分であるといえます。 また、ヒアルロン酸は天然の保湿成分としての働き以外に、セラミドなどの細胞間脂質と協力して肌の機能を維持する働きも見込まれています。

引用:http://sp4u.jp/element/hyaluronic.html

ヒアルロン酸は、通常の食事などでは補うことが難しいので、サプリメントで体内に直接取り込むか、クリームなどで直接肌に与えるかの二つしかありません。

保湿に効果的な成分2:クエン酸Na

クエン酸ナトリウムは、クエン酸を炭酸ナトリウムで中和しすることで生成した水に溶けやすい無色の結晶、または白色の結晶粉末です。

クエン酸は柑橘系に多く含まれる成分で、有機酸の一種です。

レモンや梅干しなどを食べてキュッとした味を感じるのもこのクエン酸があるからです。

そのクエン酸ナトリウムの効果は、角質柔軟作用や保湿効果などがあり、肌に対して非常に有効な成分ですね。

また化粧品に配合される場合は、化粧品の酸化防止や金属イオンの沈殿防止など化粧品の品質を維持するための効果もあります。

▼保湿効果の高いワキガクリームはコチラ▼
【クリアネオ(CLEANEO)】

女性に嬉しい美容に効果的な天然成分1:ユキノシタエキス

ユキノシタエキスは、ユキノシタ科の植物かっら抽出して得られる植物エキスです。

ユキノシタエキスは、化粧品に使われる際には美白効果を期待されて配合されることが多いです。

その美白効果は、美白有効成分アルブチンを多量に含んでいることから、化粧品でもメイン成分として使われるほどです。

また安全性も極めて高く、刺激が少ない成分ですね。

美白に効果的なアルブチンとは

ハイドロキノン誘導体の一種で、資生堂が厚生に申請したことで医薬部外品として承認された美白剤です。

そのアルブチンの美白メカニズムは、メラニンを防止し、シミ・そばかすを作らせないというものです。

メラニンが合成される仕組み

シミがつくられる仕組みとしては、紫外線を浴びると活性酸素が生じて、メラノサイト活性化因子がメラノサイトに伝達され、メラノサイト内でチロシナーゼという酵素がチロシンというアミノ酸とくっつくことで、チロシンがドーパ、ドーパキノンと変化していき、その一部がユウメラニン(黒色メラニン)になります。

アルブチンの美白効果は、この仕組みの中のチロシナーゼの活性を阻害し、チロシンとくっつかないようにすることで、チロシンをドーパ、ドーパキノンへと変化させず、結果的にユウメラニン(黒色メラニン)をつくらせないというものです。

引用:化粧品成分オンライン

女性に嬉しい美容に効果的な天然成分2:アルピニアカツマダイ種子エキス

アルピニアカツマダイ種子エキスは、ショウガ科の多年草であるアルピニア・カツマダイの種子から抽出した植物エキスです。

このアルピニアカツマダイ種子エキスは、皮膚が紫外線を浴びた時にメラニンを生成することを抑制する効果があります。

その効果を実現しているのが、アルピニアカツマダイ種子エキスに含まれる「カルダモニン」という天然成分です。

このカルダモニンが皮膚に「皮膚にメラニンを作るな!」と命令することで、シミ・そばかすを予防することが出来ると考えられています。(メラニンブレーキ活性化とも言われます)

またこのアルピニアカツマダイ種子エキスは、医薬部外品でしか使えない成分です。医薬部外品は、その効果の一部を国に認めていることになります。

女性に嬉しい美容に効果的な天然成分3:ヒメフウロエキス

ヒメフウロエキスは、フウロソウ科フウロソウ属のヒメフウロ(姫風露)の全草から抽出して得られる植物エキスです。

ヒメフウロエキスには、トリプターゼの働きを抑制することで、皮膚を光老化から保護する効果があると期待されています。

簡単に言えば、皮膚の老化を抑えるという効果があり、女性にとってはうれしい成分ということです。

▼美白成分が入ったワキガクリームはコチラ▼
【クリアネオ(CLEANEO)】

皮膚が加齢とともにシワ・たるみが出来る原因の多くは、光老化のせい

光老化とは、太陽の光など紫外線を長年浴びることによって発生するしわ・たるみのことです。

年を重ねてできるシワは約2割しかなく、光老化によって出来るシワが8割と言われています。

つまり、加齢によるしわたるみを予防するには光老化を防ぐというのが最も効果的なんです

その光老化には、トリプターゼという成分が関わっていることが分かっています。

トリプターゼとは

肥満細胞から生成される酵素の一種。ただし現状でわかっていることは少なく、今現在では以下のように考えられています。

真皮マトリックス、細胞外マトリックスの分解を促進し、光老化を導くと考えられました。また、表皮基底膜が破壊され、表皮と真皮の剥離が起こることも突き止めました。

引用:https://www.ichimaru.co.jp/research/story4.html

女性に嬉しい美容に効果的な成分1:プルーン酵素分解物

プルーン酵素分解物とは、スモモの近縁種セイヨウスモモ (プルーン)から抽出したもので、医薬部外品専用原料です。

このプルーン酵素分解物には、メラニンを取り込み抑制と呼ばれる作用があり、皮膚にメラニンが出来ても肌を黒くしづらくするという効果があるんです。

つまり紫外線を浴びたり、刺激を受けてメラニンを体が生成してしまっても、表皮の角質細胞がメラニンを取り込みづらくしてくれるんです。

今までの美白の考え方は、出来るだけメラニンを作らないことでした。

しかしプルーン酵素分解物のこの効果によって、美白の取り組み方が大幅にアップ

このプルーン酵素分解物の肌を黒くしない作用に加えて、従来のメラニンを作らない成分(ユキノシタエキスやビタミンC、アギ根エキスなど)を併用してケアをすれば、さらなる美肌効果が期待できます。

だから今まで以上に美白ケアを慕い方は、プルーン酵素分解物はとても画期的で効果的な成分なんですね。

プルーン酵素分解物の安全性

プルーン酵素分解物は、食品であるプルーンが減量なので基本的には安全と言えます。

ただしプルーンそのものにアレルギーがあったりする方は、かゆみが出る恐れがありますので、ご注意ください。

わきがと皮脂腺の関係

皮脂腺は表皮を保護するために、皮脂と呼ばれる脂肪を分泌しています。

その分泌量は気温によって変わり、夏場は活発に、冬はおとなしくなります。

そのため皮脂が多い時は肌がベタつき、少ない時はカサカサ、パサパサになり、肌トラブルの原因となることも少なくありません。

わきがはアポクリン汗腺・エクリン汗腺の汗・皮脂腺からの脂肪がまじわり、皮膚の表面に存在するコリネバクテリウムに分解され、臭いを放ちわきがとなります。

皮脂が少ない人は乾燥肌といわれますね。また乾燥肌が行き過ぎた場合の関連する病気では、皮脂欠乏症などがあげられます。

皮脂欠乏症とは

皮脂欠乏症(乾皮症)は、皮膚の表面の脂(あぶら)が減少することにより皮膚の水分が減少して、乾燥を生じてしまう病気です。

中高年者の手足、特に膝(ひざ)から下によくみられ、皮膚がカサカサしてはがれ落ちたり、ひび割れたりします。

引用:https://www.maruho.co.jp/kanja/kanpi/

皮脂欠乏症の原因

加齢などの年齢的原因と過剰な清潔志向(つまり洗いすぎなど)によって、皮脂の分泌量が足りなくなることが原因となります。

対策としては、肌を乾燥させないことです。つまり保湿です。

特に冬は皮脂分泌が低下し、湿度が低下して皮膚が乾燥しやすくなります。

またかゆみを抑えるために抗ヒスタミン剤が使用されます。

皮脂欠乏症の検査

基本的には医師の目による視診です。

皮脂欠乏症は皮膚表面が細かくひび割れたり、パラパラしたりと一目でわかる状態ですので、特殊な検査等は実施しないでしょう。

皮脂欠乏症の症状

初期段階では、皮膚の表面がざらざらになり、白い粉をふくことに加えて、かゆみに敏感になります

進行につれて、肌のひび割れが大きくなり、かゆみもひどくなっていきます。

わきがの原因は遺伝ではなく後天性の可能性もある

親がわきがの場合、子供も高い割合でワキガを発症するといいましたが、後天的にわきがとなるケースもあります。

しかし大人になってからわきがになった方は多汗症の方が多いのですが、軽度のわきがである可能性がたかいです。

そのため汗対策や後天的に発症した原因を直してやることで、治ることがあります。

ですので、まずは原因となる生活習慣をセルフチェックすることをおすすめします。

 

わきがの後天的原因1:食生活

アポクリン汗腺は、食生活の変化によって影響を受けます。

基本的には、肉などの脂っこい食べ物はアポクリン汗腺を刺激するので、わきがの症状が出やすくなります。

大学生や社会人となり親元を離れて1人暮らしを始めたりするときは、特に食生活が変わりやすいタイミングです。

そういったタイミングでわきがが気になったなら、真っ先に食生活を見直しましょう。

ベストは肉中心の生活をやめて、緑黄色野菜や大豆製品を食べることです。

緑黄色野菜に含まれるビタミンAは、新陳代謝を高める効果があり、皮膚の抵抗力が向上し細菌の繁殖を抑えてくれます。

さらに野菜に含まれるビタミンEは、アポクリン汗腺を分解して生まれるわきがの原因の過酸化脂質の発生を抑制すと言われています。

そのため、後天的原因が食生活の場合は、ビタミンAやビタミンEが豊富に含まれた食事を心がけましょう。

また酒・アルコールも控えましょう。

酒やアルコール類も、アポクリン汗腺を刺激します。

よく酒臭い人がいますが、それはアルコールが発汗を促し、体臭をきつくするためです。

わきがの後天的原因2:運動不足

日頃から運動をしている方は、血行がいいので、汗の成分が水に近く、さらっとした汗をかきます。

さらに運動による汗への効果として、汗の中にアルカリ成分(重炭酸イオン)の量が減少し、脇の表面で雑菌が繁殖しづらいというメリットもありますね。

それに対し、運動不足で空調のきいた部屋ばかりにいる方は、血行が悪くなりべたべたした不快な汗をかきます。

さらに言えば血行が悪くなると、乳酸という疲労物質が多く分泌され、アポクリン汗腺の中にアンモニアを増加させてしまいます。

そうすると増加したアンモニアをコリネバクテリウムが分解し、わきがや汗臭さといった強烈な体臭へと変化してしまうのです。

だから出来る限り「いい汗」をかく必要があるので、有酸素運動を増やしたり、銭湯でサウナに入ったりつぃて汗をかくこと大切です。

 

わきがの後天的原因3:ストレス

ストレスがたまると、人は自律神経に影響がでます。

アポクリン汗腺は自律神経が乱れることで汗をかきますから、わきがが強くなる原因にもなってしまうのですね。

特に強い緊張状態だと、脂質も多く分泌されるので極力ストレスを避けることがベストです。

とはいえ、今のストレス社会ではストレスそのものを何とかするのは難しいかもしれません。

ですので、汗をかきにくい体質をつくったり、ストレスがかかると事前にわかっていれば、制汗作用のあるわきがクリームを使うという対策も有効です。

 

わきがの後天的原因4:タバコ

汗腺が自律神経と密接な関係にあることは今までも伝えてきました。

そしてタバコに含まれるニコチンは、カフェインなどと同様に中枢神経興奮剤と呼ばれるものの一種です。

これは自律神経をコントロールする視床下部という部分を刺激し、発汗を促してしまうのです。

【ワキガクリームの男性】強力わきが持ちがモテることはない

重度のワキガの男性は、たとえイケメンであってもモテることはありません。

男性ほどではないにしろ、女性も同様にワキガであったらモテにくいです。

わきががフェロモンという方もいますが、アンケートではそうではありません。

男女ともに特徴としてデオドラントでいい匂い維持している方は、ブスだろうがモテるんです。

だから市販品で効果のないワキガ対策せず、強力なワキガクリームを通販で購入しましょう。

ワキガは男性ホルモンのバランスの変化で強くなる

男性ホルモンが増加すると、今まで少なかったわきが臭が悪化することがあります。

それは男性ホルモンがワキガの原因となるアポクリン汗腺を刺激するためです。

「12歳の子供(息子)の服を何気なくチェックしたら、突然わきが臭がするようになった」という話を聞いたことがありますが、それはおそらくホルモンバランスが変化したためでしょう。

親がわきが持ちだった場合は、ほぼ間違いなく遺伝によるもので、食生活の改善などだけではわきがを抑えることは難しいです。

男性ホルモンのバランスが変化するとき1:思春期

思春期男子は、第二次成長期ともいわれて体の成長とともにホルモンバランスが大きく変化します。

その過程で男性ホルモンが大幅に増加、結果としてわきが臭がするようになります。

男性ホルモンのバランスが変化するとき2:30代~40代

30代の後半に差し掛かると、更年期に差し掛かり男性ホルモンは低下していくケースが多いです。

そのため男性の場合、わきが臭も年齢とともに減少傾向であることが確認されています。

しかし、安心はできません。

なぜなら男性ホルモンが低下すると、今度は加齢臭がするようになるからです。

30代~40代で気をつけなければいけないのは、わきがと加齢臭のダブルパンチ。

こうなるともう同じ空間にいるのが相当きつくなってしまいます。

わきがと加齢臭の違い

わきがはアポクリン汗腺などに含まれる有機物を皮膚表面のコリネバクテリウムが分解することで発生する匂いです。

それに対し、加齢臭はアポクリン汗腺の有機物+皮脂腺から分泌される「9―ヘキサデセン酸」を雑菌が分解して生まれるノネナールという物質が原因で発生する匂いです。

このノネナールは、もととなる「9―ヘキサデセン酸」が年齢とともにの分泌量が増えていき、さらに体の抗酸化作用も弱まっていくので、加齢臭が強烈に表面化します。

またニオイの発生部位もワキガと異なります。

加齢臭の主な発生源は、脇に加えて首・耳裏・頭皮・腹部・背中と幅広く、わきがと比べ物になりません。

それは皮脂腺が多く存在する部分全てが加齢臭の発生源たり得るので、非常に広い範囲から臭いが出てしまうんですね。

若い人でも加齢臭はある?

10代なのに加齢臭がすると感じる方は、若年性加齢臭という病気かもしれません。

病気と言っても体に不調が出るわけはなく、加齢臭がするだけなのですが、それでも嫌ですよね。

通常若い人は体内の活性酸素を取り除く抗酸化物質がたくさん作られます。

しかし若年性加齢臭になる方は、その抗酸化物質の生成量が少なく、過酸化脂質が増加。

過酸化脂質が増加すると「9―ヘキサデセン酸」の分解量が増え、加齢臭のもととなるノネナールが作られてしまいます。

若年性加齢臭になってしまう要因は、飲酒や脂っぽい食生活、タバコなどです。

だからライフスタイルを改善して、活性酵素を減らすと言われているビタミンCやビタミンEを摂取すれば若年性加齢臭の改善に役立ちますよ。

わきがと加齢臭対策はワキガクリーム1本でできる

わきがと加齢臭は発生するメカニズムこそ違えど、アポクリン汗腺・皮脂腺・雑菌の3つが大きくかかわってくるのは同じです。

つまりわきがと加齢臭に大切なのは、制汗・保湿・殺菌ということです。

効果の高いワキガクリームはこの3つをしっかりと対策できるので、わきが&加齢臭対策にはピッタリです。

わきが男性の特徴的な臭いについて

わきがには特徴的な臭いが存在します。

自分で気づくためには臭いのセルフチェックや体質チェックが必要ですが、それ以前にどんな臭いがワキガ臭なのか知る必要があります。

もちろん医師に診断してもらえば一番確実ですが、自分で気づけなければ医師に行くことすらありません。

だから、ここでは特徴的なわきがの臭いをご紹介しますね。

スパイシーな臭い(カレー・クミン)

カレーの香辛料のようなスパイシーな臭いは高い確率でわきがです。

株式会社マンダムが公表した調査結果では、7種類に分類されるわきが臭の中で最も強烈な臭いであることが分かっています。

その臭いは間違いなく重度のワキガに分類され、その臭いを持った方とすれ違うとそれだけで鼻が曲がりそうになるほど臭く、しばらくその場に臭いが残るほどです。

この臭いを持つのは10代から20代が最も多いので、女性といい関係を持つために必ず何とかしておかないといけないですね。

酸っぱい臭い(ミートソース・味噌汁のような臭い含む)

ツンと花を刺激するような酸っぱい臭いは高い確率でわきがです。

この酸っぱい臭いは10代~20代で多く見られる臭いで、ニオイ強度としてはわきが臭のなかでも2番目に強い臭いです。

2番目に臭いと言われても分かりにくいと思うので、中度から重度に位置する臭いで周りの方は確実に気付いて距離をとるレベルと言えばわかりやすいでしょうか。

この酸っぱい臭いはかなり強烈にもかかわらず、自分で気づく人と気づかない人が分かれるので注意が必要です。

鉛筆のような臭い

わきから鉛筆のような臭いがした場合、それはわきがである可能性が高いです。

言い方を別にすれば、鉄臭ですね。

この鉄臭は日本人のわきがではそこまで多いタイプではなく、またニオイ強度もそこまで高いものではありません。

チーズのような臭い

発光したチーズのような臭いはすそわきがなどによく見られる臭いです。

男性というよりも女性に多く見られる臭いですね。

生乾き(雑巾)のような臭い

わきがには雑巾のような臭いがあります。

脇そのものが雑巾臭いというより、わきがが服にこびり付いて選択しても雑巾くさい臭いが残ってしまうというかたちでしょうか。

このような場合、脇そのもににも対策が重要ですが、服にも対策が必要です。

具体的にはセスキ炭酸ソーダを使って洗濯する、酵素系漂白剤を使って洗濯すると言ったことが家庭では出来ます。

ただしスーツなど家では洗えないようなものは、クリーニングの汗抜きサービスを活用すると便利です。

納豆のような臭い

納豆のような臭いもわきがによくみられる臭いです。

発酵臭というべきでしょうか。

ネギのような臭い

鼻にツーンと抜ける臭いです。

言い方は玉ねぎのような臭いであったりと様々ですが、臭いのタイプとしては「酸臭(酸っぱい臭い)」に分類されるでしょう。

そのため、臭いとしてもかなり強めです。

甘い臭いはわきが以外の可能性もある

わきがで甘い臭いをするということは勿論考えられます。

ですが、気を付けていただきたいのは甘い臭いには糖尿病の可能性があるということです。

糖尿に心当たりがある方は、一度医師の診断を受けてみてもいいかもしれません。

プラスチックの洗濯ばさみに臭ってもワキガは気にしなくてもいい

洗濯ばさみが臭いってことはよくありますよね。

もしかしたら服についた臭いが洗濯ばさみに移ったのかもと考えてしまいがちですが、その心配はあまりしなくていいでしょう。

洗濯ばさみの臭いはプラスチックの劣化が原因であることがほとんどだからです。

【ワキガクリームの女性】女性が重度のワキガになる原因

男性にはなく、女性特有で重度のワキガ臭を出す理由があります。

それは女性ホルモンが乱れた時です。

ホルモンバランスが乱れた時、女性ホルモンのプロゲステロンとエストロゲンがアポクリン汗腺を活発にさせることが考えられます。

わきがと、生理中の女性ホルモンの関係

女性ホルモンはわきがや体臭と密接な関係を持っています。

それによる変化は生理前や生理中に特に顕著に表れます。

プロゲステロンは排卵の直後から卵巣で生成され、妊娠するための環境を整えようとして受精卵を着床しやすくするため、体温を向上させるのです。

そのため汗や皮脂の分泌量が増えて、わきが臭が強くなるのです。

プロゲステロンとは

プロゲステロン(黄体ホルモン)は排卵後に分泌量のピークを迎える女性ホルモンです。

このプロゲステロンがピークの時には、イライラや怒りっぽくなったりするなど精神的なトラブルを抱え込みやすくなります。

そしてそのプロゲステロンの働きは以下のように言われています。

・ 受精卵の着床に備えて、子宮内膜をより厚くし、柔らかくする
妊娠に備え、体温を上げる(基礎体温の高温期をつくる)
・ 妊娠に備え血管を拡張させて、骨盤内に血液をためる一方で、血行が悪くなる
・ 抑うつ状態をつくりやすくする
・ 血糖値を下げる
・ からだに栄養や水分を備えるため、むくんだり、太りやすくなる
・ 腸のぜん動運動を抑える
など

引用:https://www.kobayashi.co.jp/brand/inochinohaha/white/white_genin.html

この中でわきがに関係すると思われる作用は赤字の二つ。

体温が上がれば汗をかきやすくなり、わきが臭が拡散しやすくなります。

血行が悪くなれば、新陳代謝が低下し老廃物を体にため込みやすくなります。そうなればワキガのみならず、体臭として臭いが強くなります。

エストロゲンとは

エストロゲン(卵胞ホルモン)とは排卵前にピークになる女性ホルモンです。

このエストロゲンの分泌量がピークの時には、体の調子が良く心身共に元気になれます。

そしてそのエストロゲンの働きは以下の通り。

・ 卵巣内の卵胞を成熟させて、排卵、受精に備える
・ 受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くする
自律神経を活発にし、体調をととのえて、気持ちを安定させる
・ 女性らしい丸みのある体つきにする
・ 血流を良くしたり、真皮のコラーゲンを増やして、肌に潤いやハリを出す
・ 骨にカルシウムを蓄える
など

この中で特にワキガに関係があるのは、自律神経を活発にするという点。

自律神経は体温のコントロールに関係しますので、エストロゲンの分泌量が変化するとわきがも変化することが考えられます。

20代女性のホルモンバランスが乱れる理由

20代は基本的に一番女性ホルモンの分泌が安定する年齢です。

しかし新社会人となったり、結婚したりと何かと生活環境が変わりやすい年代でもあります。

そのため感じるストレスも多く、また不規則な生活習慣になることで生理不順になるなど、女性ホルモンの分泌が乱れることがあります。

そんな20代女性が出来る女性ホルモンの安定化方法は、

1.起床時間を一定にする

2.十分な睡眠時間

3.質の高い睡眠(就寝前にスマホをいじって交感神経を刺激しないなど)

など、いくつか方法がありますね。

30代女性のホルモンバランスが乱れる理由

30代の特に後半は、少しずつ女性ホルモンが減少していく「プレ更年期」と呼ばれる年代です。

女性ホルモンが減少すると、自立神経が乱れやすくなり、イライラしやすくなります。

また自律神経が乱れることで、わきが臭が強くなったり、時には加齢臭が出始める方もいます。

そんな30代女性が出来る女性ホルモンの安定化方法は、

1.生理前はスグに寝る

2.こまめな運動でリラックス→エストロゲンが減少すると代謝が落ちます。だから有酸素運動や筋トレで代謝をキープしましょう。

3.リラックスできる趣味を見つける

40代女性のホルモンバランスが乱れる理由

40代も後半に差し掛かると、完全に更年期になり、急激に女性ホルモンが減少します。

それまではイライラしやすい程度だったものが、めまいや倦怠感、不眠などさまざまな身体不調として現れます。

そんな40代女性が出来る上手な付き合い方は、

1.入浴にこだわる→体温が上がるお風呂は自律神経が安定する時間です。その入浴時間をアロマオイルやマッサージクリームなどで整えることで、さらなる自律神経の安定を図りましょう。

2.一人の時間を確保する→周りの人に気を遣うことが多いと、どうしてもストレスがたまります。それは家族でもです。だから周りに振り回されない自分だけの時間を持つことが大切です。

ほかにもいろいろと対策できると思います。

大切なのは、とにかく精神的苦痛を減らすこと。

これを徹底してください。

女性の加齢臭とワキガの関係

基本的に男性と変わらないのですが、わきがに関しては一つだけ男性と違う傾向がみられます。

それは男性は年齢とともにワキガ臭の強さが少なくなっていくのに対し、女性はあまり減少しないということ。

これは株式会社マンダムの調査によって明らかになっています。

だから40代女性はわきがと加齢臭の両方と戦わなければいけない可能性もあり、臭い対策は絶対に怠れません。

だからこそ殺菌力の高いワキガクリームで外で臭い対策したり、家では抑臭効果の高い柿渋エキスを使ったボディソープなどで体から徹底的に臭いを消すことが大切です。

 

 

 

参考・引用:日本薬学会厚生労働省

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です